ブロック研修チーム


北陸信越ブロック及び各青年部の将来中心的な役割を果たす人材の発掘・育成を目的としてブロックが行なう研修プログラムです。

【北陸信越ブロックの目標】

・ブロック内10青年部の均衡
・ブロック内会員の連絡、親睦、友愛を深める
・青年部リーダーの育成 <北陸信越ブロック規約第4条>

※当ブロックの部長研修会において各青年部での後継者(リーダー)育成が難しいといった意見が多数あり、ブロックが人材育成を目的とした研修事業を実施することになった。

【ブロック研修チームの目的】

・将来の北陸信越ブロック及び青年部の中心的な役割を果たす人材育成を目的として実施。
・本プログラムがきっかけとなり各青年部の次代を担うリーダー及びリーダーを支える人材の発掘、育成を目指す。

【研修概要】

・研修期間は1期2年間とする。
・本研修ではブロックは主に出会いの場、語り合う場を提供する。
参加したメンバー同士の積極的な関わりの中から、様々な行事の取り組み方やプロセス、考え方の相違などを学び今後の単位青年部の活動に活かす。
・茶道のこと、青年部のことを真面目に考えている人々と広く知り合い、心を許しあい、
刺激を与え合う場になるようブロック役員が配慮をしながら運営する。
・単位青年部のみならず、ブロック内に広がる交友関係を築き、これからの青年部活動について共に考える機会を与える。

【受講資格】

・青年部活動に興味があり、他の青年部の活動内容等を聞いてみたい方。
・見たり聞いたり体験したことをリーダー及びリーダーを支える人として、所属する青年部活動に将来活かせる方。
・部長の推薦を受けた方。※各青年部1名

【コミュニケーションについて】

・北陸信越ブロックは、新潟、長野、富山、石川、福井からなる5県10青年部と
非常に広域なので、顔を合わせて集まる機会が限られる。コミュニケーションをとり易くする為にメールを活用したメーリングリストを開設する。
※第1期の研修チーム(平成15~16年)では、2年間で821通のメールを共有し各々意見
交換の難しさや、顔をあわせて話し合う事の大切さに気づいた。

【事業成果】

・研修チームを修了した多くのメンバーが、その後地元青年部の役員を経験し、部長や連絡会代表、ブロック役員や全国委員会でも活躍している。※別表参照
・ブロック行事である研修チームの活動をステップとして、宗家・総本部主催行事のL・T(リーダーシップ・トレーナー)出向員研修に臨んだ研修者も多数見られる。

研修チームの活動報告

活動報告一覧はこちら